CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
お天気
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
ずさんな計画
2004年2月に、初めての行政主催による民営化についての説明会が開催され
ました。行政の担当者が下記の二点を説明しました。
「運営費が高い公立保育園を民営化し、保育に使うお金のかけ方を変えて
さまざまな保育ニーズに応えていく」
 もう一つは2003年9月の説明会で言っていた「待機児解消を図るために、
 増改築により定員増を実施する」という計画は「保育をしながらの増改築
 は園児への影響が大きいので止めた」とのことでした。
                                       
前回の説明会からわずか4ヶ月で計画変更を発表とはずいぶんいい加減な計画
です。この前の説明会では、再三「待機児解消のために!」と言っていたの
に・・・ この頃から行政への不信感は保護者の心に芽生えたのでした。
その他「子育て支援センターの設立」も出来ないとのことで、ここに川崎市の
ずさんな民営化計画が明らかになりました。 

この点について未だに川崎市は謝るどころか、民営化の根拠となる小田中保育
園を選定した理由についても満足行く説明が出来ずに、小田中保育園を選定す
る会議の議事録も作成(していないとの正式回答でしたが公開しないのは隠す理
由があるのか?)しておらず公僕としての責任を放棄した何とも市民をバカにし
た話でした。
(小田中保育園選定理由はこの後さらに尾を引きます)

つづく


| 経緯について | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| 1/2PAGES | >>