CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
お天気
MOBILE
qrcode
<< ひどいな・・・ | main | いやなのね >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
そりゃあそうだ
意に沿わない民営化を強行されて3週間が過ぎました。
今まで行政側で担当していたこども計画課の課長と主幹も異動となり、新しい保育士も入っての保育となりました。

予想はしていたのですが、やっぱり子ども達に影響が出始めています。
・朝の送りの際に泣く(尋常ではない泣き方です)
・4月になってからおねしょが始まった
・園での様子を話さなくなった(複数の子どもが同様とのこと)
・昼食はごはんのはずが間違えてうどんが来た(園は子どもは喜んでいたと主張)
・午後の保育園の集まり(保護者総会等)の保育は、昼寝の子どもと別に保育
をしていたが、4月以降は「寝ない!」と主張しても無理やり昼寝させる
 (集まりの際に、保育士を増員していないので手が足りないのだと思います)
・前園長が巡回と称して来ているが、実態は乳児の保育が手薄なので乳児園舎で
 保育を実施している

朝7時から保育をするようになっているが、ほんの数人が利用しているだけ…
そのせいで昼の保育が手薄になり、色んな雑事に追われて疲れている園長
きっとそのうちに、保育士が次々にやめていく事態になるのではないかと懸念しています。

以前に民営化された横浜では、民営化のショックでPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されいまだに通院している子どもがいるとか…(T_T)
一番心配なのは、子どもの状態を把握出来る余裕が無い中での保育では、予想外の事態が起こる可能性が高いということです。目の前の子どもにしか目が行き届かず、その他の子どもが危ないことをしているのを見逃してしまうと怪我につながります。単純な骨折程度ですめばいいですが、横浜では、女の子が顔を十数針縫うような怪我が発生してしまいました。

保育士の疲れや未熟な部分をフォロー出来るベテランも少ない中、本当に気をつけて欲しいと思います。

さて、園長含め保育士さんはこの状況で耐えられるのでしょうか?
やめる人が出ないように祈りたいと思います。


| 最近の状況 | 21:10 | comments(3) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:10 | - | - | |
コメント
ご指摘の件についてはあくまで私の個人的な考えであり、記載された内容についても私に責任があります。
保育園の民営化問題は他の園についても他人事ではないとい
うことを考えて頂くためのもので、その予想があっているかについてはこれから検証されるものと考えます。(例外はあると考えています)

保育園は子どもにとって第二の家庭です。
慣れ親しんだ親が変われば影響がないはずがありません。
子を育てる親としてできる限りのことを子どもたちのためにしたいと考え、三年前から何十冊もの本を読み、講演会の参加や企画をし、土日に何十回も集まって勉強した結果、やはり民営化は子どもには良いことではないと結論を出して反対運動を行って来ています。
 その結果として引継ぎ期間の延長や保育士の巡回を勝ち取ったと自負しています。
小田中保育園の在園児やこれから入所される子ども、そしてOBの方々には大変申し訳ない気持ちでいっぱいですが、少なくともこれから民営化されようとしている高津・日進町保育園や塚越保育園ではその成果が最低ラインとして保障されたと考えますので活動をやった甲斐はあったと思います。

これからも塚越保育園の情報含め貴重なご意見頂ければ幸いです。

追伸
 昨日で12年勤めたパート保育士さんが辞めてしまいました…大変残念です。詳細についてはまた報告させて頂きます。



| 管理者 | 2007/04/28 4:13 PM |
初めてのコメントです。
塚越保育園の状況とても興味があります。
民営化前は全然状況がわからず、小田中で要求した「引継ぎの延長や保育士の経験年数を高くしてほしい、公募園の見学、公募書類の閲覧」ということをどのように考えていらっしゃるのか疑問に思っていました。
川崎市はこちらが要求を出すと、必ずと言ってよいほど、塚越保育園と足並みをそろえなければならないので、小田中だけそのような要求を通すわけにはいかない、と言っていたので、塚越保育園では保育の質に関係することに要求を出していらっしゃらないのかと思っていました。
「正確な状況を提供するのが民営化した保育所の保護者たちの役割だ」と考えられているのはすばらしい!!きっと塚越の状況はどこかで提供されているのですね!ぜひそちらを探して見たいと思います。
小田中保育園に通っているわが子も、日中保育園であったことを話してくれます。「今日は畑にお散歩にいったんだよ。」とか、「お絵かきしたよ。」とか、楽しそうな状況を話します。でも「○○先生遊びに来るって言っていたのにこないね・・・」「さみしいな・・・」なども話します。
子どもによって表現の仕方はまちまちでしょうが、先生たちが急に全員いなくなってしまったことでやはり心の中には何かの思いはあると思います。それは塚越の子どもたちも同じですよね。私は子どもたちに悲しい思いをさせた川崎市を許しません。また、悲しい思いをさせる民営化をとめることができなかったことを悔やんでいます。だけど後ろ向きにばかり考えてはいられないので、今の小田中保育園をより良くするために、またこのように悲しい思いを子どもたちがしなくてよいように、前向きにがんばります。
塚越の方もぜひぜひ先に民営化された者として、そして子どもたちを守る大人として状況を教えていただければと思います。お互いに仕事をしながら子育ては大変ですが、がんばりましょうね。
| ないとる | 2007/04/28 1:32 PM |
再びお邪魔させていただきます。

まずは、前回の私のコメントに対するご回答についてなのですが…、
「『異動先の保育所が民営化されることはない』ということはない」ということをご存知であったにもかかわらず、
誤解を招きかねない内容をブログにアップされたことは、とても残念です。
正確な状況を提供するのが、民営化した保育所の保護者たちの役割だと、私は考えます。

さて、塚越保育園も1ヶ月が経ったわけですが、
塚越保育園では、ご記載されているような例が顕著に起きているということは、幸いにも私の耳には入ってきておりません。
我が子に限っていえば、「保育園で○○先生と折り紙作ったんだよ」と言って、自慢げにその作品を見せてくれたりもします。
その要因として、
1)巷の噂に比べれば、中堅の保育士が多いように見受けられる
2)臨時職員の方々がほぼ全て、4月以降も引き続き勤務されている
ということが関係しているかもしれません。

あと、前園長の件ですが、こちらでもすぐに子どもたちと遊んでいるようですが、
人手が不足しているからという理由よりも、本人が子どもと接している方が好きだからという感じがします。
| アクチュアリー見習い | 2007/04/27 10:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mintai.jugem.jp/trackback/36
トラックバック