CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
お天気
MOBILE
qrcode
<< 川崎市長は福祉をわかってない! | main | フットボール >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
お元気で
先日、ブログで書いた辞めてしまったパートの保育士さんについて、うわさはいろいろあるようですが、12年勤めた小田中保育園に勤められないと自分で判断されて辞められたとのことです。
行政側は今まで散々民営化になったとしても、「何も変わらない」とか「臨時職員やパート職員をそのまま残せるようにしている」等々いろいろ言い訳していました。
でも、その残った職員さえも辞めてしまうのはなぜなんだろう…

民営化されたのは許せませんが、今保育園で働いている保育士さんに負担や責任だけを押し付けている行政の方がもっと許せません。出来るかどうかを考えずに約束したことを小田中保育園の保育士に強制的にやらせたり… もう少し自分で「どうすれば保育園は良くなるのか? 待機児解消はどうすればやれるのか?」などを考えて欲しいものです。
昨年民営化絡みで健康福祉委員会の傍聴をしていた際に、議員から
「平成19年の待機児解消は必ず出来るのか?」
と聞かれ、局長(だったかな?)が
「出来ます!」
と返事をしていたのに、この間出てきた保育基本計画では
「やっぱり出来ませんでした…」
と平気で言い訳を書いていました。
うそつきでバカですね 彼らは…
なんかぐちっぽくなってきましたが、基本的に行政関係者は平気でうそをつくと言う事だけは間違いのないところだと思います(実体験に基づいています)

そうそう!
辞めたパート保育士さんは近所の公立保育園で元気に働いていらっしゃると言う事です。
お元気で頑張ってください!

| 最近の状況 | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 14:07 | - | - | |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mintai.jugem.jp/trackback/39
トラックバック