CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
お天気
MOBILE
qrcode
<< 卒園児のつどい | main | まだまだ頑張ります! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
雨天強行!(怒)
JUGEMテーマ:育児


先週のことです。 
小田中保育園は毎年秋に「オダリンピック」と銘打って運動会を行っています。
毎年、年長さんは練習していた太鼓を披露することになっており、子ども達も大変楽しみにしているイベントになっています。

ところが、今年はなぜか体育の日を含む三連休の土曜日に予定されていました。
(例年10月の最初の週末に予定されていたんですがね 今年だと10/4)

その日は朝から小雨が降っているので、これは中止だなと保護者は思っていた方が大半だったのではないでしょうか?

そして朝に連絡網で回って来たのは、「一応用意して登園してください」との連絡だったらしい・・・

さらに、集まった後には
時間を遅らせながら、雨の中強行するとの決定だった

本当に事業団の園長&保育士はなにを考えているんだ?
年長さんにとっては最後の運動会なのに、翌日や1週間延期するということは考えないものか・・・
(実際に上小田中保育園では今日実施しています 本当に良い天気で良かったです)

雨の降る中、風邪を引いたり体調崩したら、事業団で責任取ってくれるのか?
保育士や園の都合(大人の事情か?)なのかわかりませんが、とんでもない人たちですね

ますます、保育の質が低下していく・・・(泣)
やりきれません 民営化は悲しいものですね

| 最近の状況その2 | 16:02 | comments(5) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 16:02 | - | - | |
コメント
お返事ありがとうございました。
これからも誠実にやっていきたいと思いました。
長い年月をかけて、信頼関係を築いていきたいと思います。

でも最近つくづく私立園と公立園は根本から違うんだなぁと感じています。公立園は行政の管理の下、地域の人たちを巻き込んでだ上での保育園であり、もちろんそこには保護者もみんなで一緒にやっていきましょう!という雰囲気があります。私立園にはそこまでの雰囲気はありません。
事実、保育園に対して意義を唱えてくる人は、前職員とかなり親しかった方ばかりで(飲み会や私的な電話等)、だからこそ、あとから入ってきた私たちのやることが気に食わないんだろうなぁと思っています。
唯一残っている臨時職員と情報の流しあいです。
やはり以前のやり方を守りたいと思っている臨時の職員の方と一緒にやっていくのは難しいですね。
その臨時の方にとっても、異なる保育の仕方はなかなか馴染まないでしょうね。

しかし私たち保育士もそんなことでめげてはいられません!!
子どもは日々成長していますし、保護者のための保育園ではないと思っています。(この点も公立とは違うかもしれませんねm(・・)m)
アドバイス、ありがとうございました。
またアクセスさせてください。
| おの | 2008/10/20 9:31 PM |
何回か書いていますが、保育園を民営化することそのものの
問題ではなくその手法や目的に問題があると思っています。

保育士をされているのであれば、ご理解されていると思うのですが、良い保育をするためには保護者や園児との信頼関係がなにより大切ですよね?

長年保育をしていた保育士が一斉に入れ替わるのですから信頼関係はなくなって当たり前だと思います。
子どもにとっても親にしても
「さぁ今日から民営化されたので保育士は入れ替りました!」
「私達を信じてください!」
と言われてもそう簡単にはいかないですよね

ましてや小田中保育園では民営化になってもなんにも問題なんか発生しない!
あったとしても見ないふり、保護者に問題を指摘されたら、泣き落とし、さらには保護者のやり方が汚いなどと批判までする始末・・・

これでは信頼関係を結ぼうにも無理ってもんです

保護者に信頼されるようになるには実績を積んで誠実にやるしか方法はないと思います。
決して民営化された保育士全員が悪者だと思っているわけではありません
先に書いたように、小田中保育園では問題を問題として認めませんので、その先の進歩も見込めません(泣)

民営化される際に発生する様々な問題を保護者と一緒に解決する姿勢があれば、これから先少しずつ信頼関係が育っていくのだと思います。

めげずに頑張ってください!

| 管理人 | 2008/10/20 12:02 AM |
ありがとうございます。
日々の保育の中で、保護者の方との関係に悩んでまして、このようにお話できたこと、本当にうれしく思っています。
私の園でも、「説明不足」という点、いつもご指摘を受けます。信頼関係がきずけてない分、いつも以上に慎重な説明が必要だと日々感じています。でも必要以上に説明をすると、あとでその細かいところを取り上げられて、つつかれるというのも事実なんです。すべては保護者と園とが信頼関係を築けてないというところに問題があると思っているのですが・・・
運動会に関しては、民間だから、日曜日に決行できるというのはどうかわかりません。私の園ではグラウンドを借りてするので、許可書をとらないといけないので無理ですね。自分の園のグラウンドなら次の日に行えるとは思うのですが。
子どもさんはかわいそうだとは思いますが、被害を受けたのは、「被害者は子どもだ」と思っている父兄の方ではないでしょうか?おそらくこどもには被害者意識はないとおもうんです。
またまたいろいろ書いて申しわけありません。
反論をしたいのではなく、保護者の方の、本当の核になる心理を知りたいのです。
| おの | 2008/10/19 12:53 AM |
おのさん
 コメントありがとうございます。
 おっしゃるとおり、雨(小雨かどうかは個人差があります
 ので判断は難しいですが・・・)が降っている中で何か理由が
 あったと思いますよね?
 その理由が説明されていれば保護者も納得するのだと思い
 ます。

 今回の強攻策については、明確な理由が説明されていなかったです。
 予定の日が雨で延期となって翌週に延期された場合、延期
 されても小雨で実施するのであれば保護者も仕方ないと納
 得するんだと思います

 少なくとも私が、10年保育園にいた際には、あのような
 天気での”強行”はありませんでした。
 当然中止の天気であり、事実として近くの園では中止して
 います。

 全てを民営化のせいにしたくはありませんが、行政は
 「民営化しても何にも変わらない!」
 「民営化によってさらにサービスが向上する!」
 と言ってましたので、その観点からすると翌日の日曜日
 に実施するようなことが出来るのが、民間の良さだと思
 っています。
 (公立園では、日曜は完全に休みなので不可ですが民間
  なら問題ないはず)

 どちらにしろ、延期をせずに強行したのは、園の都合
 であり、最後の保育園の運動会を寒い天気の悪い中で
 行わされた被害者は園児です。

 今日は本当に良い運動会日和でした・・・
 


| 管理者 | 2008/10/18 11:37 PM |
私は民営化にともなって受託を受けた別の県の保育園の保育士です。
全部を読んでいませんので、完全には理解できてないのですが、コメントをさせていただきたいと思いました。今回の運動会の件ですが、当日は小雨だったのではないでしょうか?(どこの園でもじゃーじゃー降ってて、決行するはずはないと思いましたので)保育園側が小雨の中でもやるからには、なにか理由があると思います。しかも別の日にすれば、それはそれで、また「小雨だから、やればよかったのに」という意見は必ず出てくると思います。民営化になる前の園がそのような運動会当日の天候で運動会を決行していたら、そのときはどのように思われるのでしょうか?
本当にお聞きしたいのですが、やはり何をやっても気に食わない・・・そんな状態ではないでしょうか?
| おの | 2008/10/18 11:02 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mintai.jugem.jp/trackback/47
トラックバック